そうだ、空を見上げよう。

cellcello.exblog.jp

music, gourmet ・・・時折science

唯々感動した。

今までは、学会でしか訪れる事のなかった東京国際フォーラムに、LFJに参加の為に行って来ました。

c0217551_22354538.jpg

いつもはスーツ姿のDr.ばかりの会場が、音楽の祭典に様変わりしていて、驚きました。
この話についてはまた改めて書きますので、今回はマロオケ@サントリーホールの感想を。
LFJからのサントリーホール🎵
今回の日帰り東京遠征は、我ながら
ナイスなスケジュールでした😀

http://maro-oke.tokyo/

昨年末くらい?FBか何かで知ったマロオケ。
NHK交響楽団コンサートマスターの篠崎史紀氏(マロさん)を中心とした、国内のトップ奏者を集めた指揮者のいないオーケストラ!
何だかそれだけで凄そうだと直感したのと、氏の著書を読んで、(絶対! うまくなる バイオリン 100のコツ)バイオリンの弦を綺麗に拭くときに、香水を付けて…という件があり、何だかその発想はお洒落過ぎる、とお人柄にも興味が湧いたのです。

モーツァルトの6大交響曲、全て素晴らしかったです。
エネルギーが一塊になって会場全体に広がってました。
指揮者がいなくても、合わせにいくとか、纏めにいくとか、そんな作為的な感じではなく、自然と音楽が湧き上がる、融合する、まさに本当のアンサンブルでした。
ジュピターの最後のページに差し掛かった時に、あ〜もうすぐ終わりなんだ、ずっと聴いていたいのに…って思い始めて、目頭が熱くなりました。
う〜ん、凄かったです!
純粋に、感動しました。

ほんと、東京遠征して良かったな。

熊本にご縁のあるマロオケということで、ロビーには、募金箱が設置されていました。
熊本にもこの感動を届けたい、次は是非熊本で聴きたいという願いと共に、僅かながら募金して来ました。

c0217551_22373178.jpg

[PR]
Commented by tamagoneko at 2016-05-06 22:17
マロオケでモーツァルトを6曲!
それは凄かったでしょう!
アンサンブルの楽しさ、演奏する喜びにあふれたステージだったと思います
聴く方も気合いが入っているから客席も盛り上がりそう・・・

2回程北九州で聴きましたが、ホールが小さめ(定員800人くらい)だったので、かなり濃厚でした^^
今年も北九州で公演をやるみたいですね(半数が若手音楽家という編成ですが)
もし聴きにいらっしゃるのでしたら、マロさんにそっくりな(負けず劣らずド派手な)お父様を拝見できるというおまけ(?)もついてきますよ(笑)

Commented by morpheus-cello at 2016-05-06 22:58
tamagonekoさま、こんばんは。休憩2回挟んで3時間半、でも、あっという間に過ぎて行きました。
bravoとスタンディングオベーションの嵐でしたよ✴
チェロパートは、各部ごとにプルトが入れ替わり、皆さん素晴らしい演奏でした!若手実力派揃いでしたね。
40番はヴィオラにめっちゃ注目しましたが(^_^)
ほんと、次回九州で開催される時には是非聴きに行きたいです。その場合日帰りは無理なので、九州の美味しいご飯を食べに行きたいので、ご案内よろしくお願い致します😊
by morpheus-cello | 2016-05-05 22:11 | String ensamble | Comments(2)

music, gourmet ・・・時折science


by morpheus-cello