「関西弦楽四重奏団」― ベートーヴェン・ツィクルス vol.6 ―

2016年9月26日(月)&9月27日(火)
「関西弦楽四重奏団」

ヴァイオリン:田村安祐美  ヴァイオリン:林七奈
ヴィオラ:小峰航一  チェロ:上森祥平 (敬称略)

L.v.ベートーヴェン:
弦楽四重奏曲 第5番 イ長調 作品18-5 (1800)
弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 作品74 ≪ハープ≫ (1809)


************************************************

所属室内合奏団の本番の翌日に行ってまいりました。
ベートーヴェンのツィクルスも折り返し地点ということで、時が経つのは早いな~と思いながらの、久々の関西弦楽四重奏団の演奏でした。
5番も10番も雰囲気が今までの荘厳で格好いい響きと違って、明るくて美しい響き。
いつもの如く、息もぴったり合っていて、圧巻の演奏でした。

この日は演奏後に、遠方からいらっしゃったお友達とお話しできるのが楽しみで仕方なかったんです☆
詳細は割愛しますけれど、音楽やSNSを通じて知り合った方とリアルにお会いしてお話しすると、たとえ初対面であっても大体のお人柄が分かりますよね(今回は初対面ではないですけれど^^)。
何となく文章に人柄がにじみ出るんですよね。
他の常連様も交えて好きな音楽の話をする瞬間がたまらなく幸せでした♪

今年もあっという間にあと3か月。
音楽・芸術の秋ですが、お仕事面でもこれから大切な時期に差し掛かるので、気合を入れ直そうっと。

[PR]
by morpheus-cello | 2016-10-01 18:07 | String ensamble | Comments(0)

music, gourmet ・・・時折science


by morpheus-cello
プロフィールを見る
画像一覧