カテゴリ:Viola( 40 )

版を検討する

テレマンのヴィオラ協奏曲(ト長調)の譜読みを始めたのです。
一楽章は以前からレッスンで見てもらっていたのですが、二楽章は全くの初めてで。
ただ、昨年の弦楽合奏団の演奏会で、プロのヴィオラ奏者様の演奏のtuttiをさせていただいたので、なんとなく曲自体は知っていて。
無料サイトでダウンロードした楽譜で譜読みをしていたのですが、せっかくなのでインターナショナル版を購入↓

c0217551_14293865.jpg
そうするとですね…ダウンロードした楽譜より難易度が高いのです。
特に二楽章の最後らへん。
ト音記号がいっぱい。第4~5ポジかな?!
ヴィオラにしては高い音がたくさん出てきます。

原典版も購入してみようかな…。

c0217551_14321639.jpg
カデンツァもいろんな種類があるようですし、8月まで間に合うのか、ちょっと心配になってきました🎵




[PR]
by morpheus-cello | 2017-04-25 14:31 | Viola | Comments(0)

発表会の曲

以前記事にしていたように、violaの曲を決めました。
http://cellcello.exblog.jp/26516211/

結局、テレマン ビオラ協奏曲 第一楽章、二楽章

に、決定❤🎻

一楽章は決定してたのですが、二楽章と四楽章で迷いました。
レッスンで両方初見で弾いてみて決定。
華やかに終われるとよいな。

昨年に引き続き無伴奏でもよかったのですが、ピアノと合わせてみたくて。ほんとはチェンバロが良いけど101.png
しっかり練習しなくちゃ!


[PR]
by morpheus-cello | 2017-04-12 14:18 | Viola | Comments(0)

名曲31選を初見で一通り見てみた(Va)

三連休はほぼ仕事でしたが(学会出張)、年度末のばたばたの中で、少し楽器にも触れています🎵

現時点(2006/8からVcを開始、Vc歴:10年7か月。2015/12からVaを開始、Va歴:15ヶ月)での個人的な印象。
◎;曲をすでに知っていて(Vcやスズキ教本で学習済で)、一応初見で弾ける*
〇;なんとかなりそう
△;曲を知らない、もしくは知っているがポジションチェンジなどの練習が必要
×;曲をしらない、もしくは知っているが初見では弾けないけど、カンニング(音源を聴いて耳コピ)、レッスンで教えていただければなんとかなるかも。
*弾けるの定義は様々です。
例えば、今回は1st position + αで一通り最後まで止まらずに通す=初見で弾けた、としましたが、
音色重視で弾いたり、音程やフレーズ・リズム・ダイナミクスを気にしたり、ビブラートを心がけたりと音楽的に仕上げるのはまた別の話であって、今回はそういう趣旨ではないことをご理解下さい。
なぜこんな表を作ったかというと、今年の発表会の選曲の参考にしたいと思ったからです。
何か月もかけて一生懸命練習して弾きたいなぁと思う曲を探すにあたり、ヴィオラの曲を知らなさすぎるので…。
もちろんチェロもまだまだ知らない曲がいっぱいですが(^^♪
こうしてみると、ヴィオラオリジナルの曲は少ないですね。調性が違ったり(調が違うと違う曲に聴こえてしまう)、チェロとオクターブ違う(途中まで一緒で一部異なることも)、まったく同じ音でも難易度が違うなど。
オリジナルとなるとテレマンのコンチェルトとか、近現代になるのかな…。
No. 曲名 作曲者 独断初見 Vcで学習済 スズキ(Va)で既出
1 アヴェ・ヴェルム・コルプス W.A.Mozart    
2 テーマ W.A.Mozart    
3 アンダンテ W.A.Mozart ×    
4 セレナーデ F.Schubert    
5 アンダンテ F.Schubert    
6 アヴェ・マリア F.Schubert    
7 アヴェ・マリア C.F.Gounod    
8 G線上のアリア J.S.Bach    
9 アリオーソ J.S.Bach  
10 トロイメライ R.Schuman  
11 ラルゴ G.E.Handel  
12 メヌエット ト長調 L.v.Beethoven
13 白鳥 C.Sant-Saens  
14 感傷的なワルツ P.I. Tchaikovsky ×    
15 無言歌 P.I. Tchaikovsky    
16 ワルツ J.Brahms  
17 間奏曲 P.Mascagni    
18 夢のあとに G.U.Faure ×  
19 ユモレスク A.Dvorak
20 シシリアーノ G.U.Faure  
21 愛の挨拶 E.Elgar  
22 カヴァティーナ J.J.Raff    
23 アンダンテ・カンタービレ P.I. Tchaikovsky    
24 赤いサラファン A.E.Varlamov    
25 早春賦 中田 章    
26 夏の思い出 中田喜直    
27 浜辺の歌 成田為三    
28 ロンドンデリーの歌 Irsh Air    
29 滝 廉太郎    
30ー① 小組曲ー小舟にて C.A.Debussy    
30-➁ 小組曲ー行進曲   ×    
30-➂ 小組曲ーメヌエット      
30-④ 小組曲ーバレエ      
31 埴生の宿 S.H.R.Bishop    

[PR]
by morpheus-cello | 2017-03-20 12:25 | Viola | Comments(2)

弦カル結成!しかもヴィオラで(*´∀`*)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-03-13 19:11 | Viola

Va_#19


↑これ練習中です。2楽章は初稿なので、これではないのですが…。
先生に1st Vn, 2nd Vnを弾いていただきながら、Vaパートを付けるというレッスンでした。
Mozartは音程にいつも以上にシビアにならないと、曲として、音楽として美しくないなぁと改めて思ったレッスンでした。
だけどVaがきれいに響くと、先生とも美しくはもるし、楽しい瞬間はいくつか見つけられたので、しっかり練習して精度を上げていきたいところ🎵


[PR]
by morpheus-cello | 2017-03-03 22:46 | Viola | Comments(0)

Viola_#18

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-02-12 17:44 | Viola

ヴィオラの総括2016

まさかこんな日が来ようとは、あの頃は夢にも思っていなかった。

ヴィオラ1号を譲っていただいたのは昨年秋、先生に師事し始めたのは、ちょうど今頃なので(年末)、ちょうどレッスンに通って1年。
ヴィオラ2号を入手したのがGW、調整も済んで今はすっかりお気に入りの楽器になりました。
その間に着手した曲など☆

・スズキ1巻全曲
・スズキ2巻全曲
・カイザー 4番(現在練習中)
・バッハ無伴奏チェロ組曲第一番 プレリュード(発表会で披露)、アルマンド(現在練習中)
・チェロカルテットの1番チェロ担当部分をヴィオラで弾く練習など
・テレマン 2つのヴィオラのための二重協奏曲のVa2パート
・テレマン ヴィオラコンチェルト 1楽章(現在練習中、カデンツァは耳コピ)

これだけ列挙すると、1年目でこれだけって、わぁ!凄いっと思われてしまうかもしれませんが(チェロの時の私はもっと進度が遅かったから)、中身はそんなに…です。
多分、チェロを先にしているからか、弦の並びが全く一緒(構えが逆なだけ)だし、ポジションも逆に指幅が狭くなって押さえやすく、オクターブを親指ポジションなしで押さえられるってありがたいと思える、心理的な要素があるからだと思います。
でもはっきり言って、右手は全然。
友人には「チェロをやってるおかげか、楽器を鳴らすということを知っている人の弾き方だね」とお世辞を言われますが。
初心者の頃は、チェロでもそうですけど、左手重視(音程とか、ポジションとか)になってしまって、右手はそのうち脱力できるでしょうって感じになりがちのようで。
音符を追うだけではなく、音楽を創り感じるためにも、もっと基礎練習(開放弦のボウイングばかりとか、ボウイングレガートを意識しながらの音階など)を取り入れていきたいと思う、今日この頃。
でもやはり、セカンド楽器って、まったくの初心者で始めるよりは、進歩が早い気もします…。
*自分比。多分その先、壁にぶち当たって突破するまでに何年もかかりそう。
年末年始は、チェロだけでなく、もう少しヴィオラも練習したいと思います☆

来年の目標は、合奏にこっそりデビュー?かしらね。
・実はこの前、テレマンで合奏デビューしましたが…^^

[PR]
by morpheus-cello | 2016-12-30 18:14 | Viola | Comments(0)

Va_#16 副科?

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2016-11-20 16:29 | Viola

Va_#15

☆バッハ無伴奏チェロ組曲第一番;アルマンド
 これからもエチュード変わりに毎回しましょう、とのこと。

☆テレマン;2つのビオラのためのコンツェルト1楽章のVa2
 こちらも指慣らしにはちょうど良いかも。

☆バッハ:ト調のメヌエット スズキ2巻11番
☆ボッケリーニ;メヌエット スズキ2巻12番
→終了、次回から3巻へ。

☆ブラームス;雨の歌 1楽章→テレマン ヴィオラ協奏曲1楽章
 時間的に来年夏まで間に合いそうにないと自分で判断したので、テレマンのヴィオラコンチェルトを持参。一楽章を見ていただき、前回の室内合奏団本番のyoutubeを研究、ソリスト岩木氏のカデンツァを耳コピして譜面に起こす作業をしました。カデンツァ以外は何とかなりそう、短い曲なので合わせて二楽章もすることに♫

そんなこんなで、現在アメリカにいます。
夜中の11時です^^皆様、ご機嫌よう☆~

[PR]
by morpheus-cello | 2016-11-14 13:49 | Viola | Comments(2)

Va_#14

ちょっぴり趣旨を変えて、レッスン記録を公開してみることにした。
祝☆ビオラ開始10か月☆
覚書なので、淡々と書き綴ります。

☆バッハ無伴奏チェロ組曲第一番;アルマンド
 ・スラーで3つ+返しで1つの音符の際に、返しでアクセントがつかないこと。
 ・後半の三重音の5度の音程が怪しい(ラとミを1指で同時に押さえる)→チェロと違って指先で同時に二弦押さえるので、(チェロだと弦に対してまっすぐ指を置くので) 重心のかけかたが微妙に違う。
 ・ダイナミクスをはっきりつける。
 ・ポジションチェンジでがたつかない

☆テレマン;2つのビオラのためのコンツェルト1楽章のVa2
 ・急遽提案して、先生に一緒にデュオで弾いていただくことに。
 ・テレマンは地味に難しい…。美しく音楽的に良さを表現する弾き方って、なかなか難しい。
 ・というか、これもまたスズキの4巻だったりする。ポジションチェンジが少ないし、今2巻~3巻で譜読みしている曲より見た目は易しいけれど、音楽的には難しいかも。
 ・だけどはもると楽しい!

☆バッハ:ト調のメヌエット スズキ2巻11番
 ・昔チェロでも学習しました♪
 ・付点頭についている「アクセント」の意味について。
 ・こちらもダイナミクスをしっかりつける。
 ・スタカートはもっとはっきりと。

☆ボッケリーニ;メヌエット スズキ2巻12番
 ・バッハより弾き易いけれど、ト音記号部分の音色をもっと美しく弾きたい。ビオラならではのA線高音の美しさをもっと堪能できるように。
 ・最初から、(譜面にないけれど) 装飾♪つけましょう。トリルはもっと数を入れて→結構うまくトリルが入って私もご機嫌に♫
 ・後半16分音符の弾き方について。
 ・スタカート、スラーの違いを際立たせつつも、弓の都合でアクセントがつかないように。

☆ブラームス;雨の歌 1楽章
 ・いかにして音楽性を損なわずに易しい運指で弾くか。最初のページの半分くらいまで、運指を一緒に考えていただいた。チェロと違う運指なので、毎回新鮮!

最近、色々と精神的に消耗していてスレスレの状態でしたが、弦楽器を触っているときは、何もかも忘れて集中しているし、弦の響きが好きなので、一番のストレス解消になる気がする。
巧く弾けても、弾けなくても。
ビオラを弾くのは、楽しい。



[PR]
by morpheus-cello | 2016-10-21 22:03 | Viola | Comments(0)

music, gourmet ・・・時折science


by morpheus-cello
プロフィールを見る
画像一覧