カテゴリ:Cello( 381 )

Cello Lesson ~Vol.26~

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-05-22 22:06 | Cello

~Cello Lesson, Vol.25~

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-04-24 19:26 | Cello

お寺で奉納演奏🎵 (Vn, Vc Duo,ジャズ系)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-04-10 21:01 | Cello

~Cello Lesson, Vol.24~

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-04-03 22:18 | Cello

コード進行など♫

4月ですね~♫ 
明後日から新しい職場なのに、まだまだ旧職場での仕事も継続する必要があり、非常勤としても行ったり来たりの予定です。

プライベートはそれなりに楽しい日々。
現実逃避とは言わないで><

かねてから和声やコード進行を学びたくて。
でも楽典の本を読み始めると5分以内に睡魔が襲ってくるため、題材を元に勉強した方がよいのだろうな、と漠然と思ってました。
それで今取り組んでいる、アレンジもの&オリジナルもの(ジャズ系)の楽曲を参考に、先生に少し楽典を教えていただき、随分頭の中がすっきりしてきました。

今後は自分で理解できるようになりたいな~。



[PR]
by morpheus-cello | 2017-04-01 16:51 | Cello | Comments(0)

~Cello lesson, vol.23 and more~

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-03-13 18:59 | Cello

~Cello Lesson vol.22 etc.~

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-02-15 19:32 | Cello

~Cello Lesson vol.21 and more~

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-01-29 18:29 | Cello

~Cello Lesson vol.20 and more~

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2017-01-23 15:16 | Cello

チェロの総括2016

昨年の総括記事はこちらに♫

今年は何と言っても、弦楽アンサンブルの一年だったということ。
元々所属する団体では、色々と運営面で大変なことが重なったけれど、それなりに春のコンサートも成功させることができたし、年明け早々の演奏会に向けて、気合い十分といった感じ。
ドヴォルザークのピアノクインテットにも取り組んだのだった、そう言えば・・・(遠い昔の出来事のよう)。大きなホールでの、1楽章出だしのソロは緊張したけれど、そう言えば度胸はついてきたみたい。

もう一つの老舗弦楽アンサンブル団体で、団員としてじっくり一年近くをかけて曲に取り組む事ができたこと。
合宿というものにも、初めて参加した。学生時代の部活の合宿以来の経験。
チェンバロ入りの合奏に初めてチャレンジできたことが大きな変化。バロックらしい弾き方はまだ良く分からないけれど、何となく違いは理解しつつある段階。

シューベルトの五重奏にも取り組んだし、同じ曲をプロの生演奏で聴くことが出来た。
年明けにも同じ曲を聴きに行く予定が入っていて、ブラームス六重奏の次のマイブームはシューベルトの五重奏といった感じです。


お遊び?で、色んな編成のアンサンブルにも参加した。
テレマンのリコーダートリオや、バリエールのチェロデュオ、バイオリンとのハルヴォルセンのサラバンドと変奏(抜粋)など。

オケスタにはあまり参加出来なかったけれど、色んな編成のアンサンブルを経験していくと、違った感覚でオケにも参加する事が出来て、特に管楽器との絡みが面白いと思うようになった。

個人レッスンは、元々師事している先生のエチュードレッスンと、新しく一昨年から師事し始めたお二人の先生のレッスンといった感じで継続して続けました。
どのレッスンも今の私には必要。
 エチュードでは、デュポールを少し進め、グリュッツマッヒャー1巻は終了することができたし、少し協奏曲にも取り組んだ。
 バッハ無伴奏は四番を終了して、二番を譜読みしたけれど、保留状態。
 曲は、一年通してブラームスのチェロソナタ一番の全楽章を学習した。

やっぱり、個人的な課題が山積みされていて、淡々とレッスン記録に書きつつ(このブログ)、課題の中でも進歩している部分と、練習しないと直ぐに戻ってしまう部分、なかなか進歩しない部分というのに分かれてきたことに気付いた。
第一、世間一般でいう「脱力」と一言で言っても、その時の状況や個人の体格、音楽歴などで、意味合いが全然違うし。
他人様のブログを読んでも、それを自分に直接当てはめることが出来ないのは当然のこと。
だけど、皆さんどうしてるのかな?って気になるし、一緒に頑張っている同志のような感覚で、幾つか参考にさせていただいているブログもあるのは確か。
習っている先生に、自分の欠点を指摘して戴いて、練習法まで教えて戴いているのに、どうしてできないんだろうって話になるけど、才能云々を言う前段階として、圧倒的に練習量が足りないということと、まだまだ自分の中で先生の言葉を消化し切れていなくて練習の仕方が悪いということなんだろうな、と自分自身、反省しています。
でも楽器の響きや弦と弓の接点を常に意識することで、以前よりは見えない部分で進歩している、とは思っています。

チェロはそんな感じかな。

[PR]
by morpheus-cello | 2016-12-30 16:06 | Cello | Comments(0)

music, gourmet ・・・時折science


by morpheus-cello
プロフィールを見る
画像一覧