アンサンブルの曲決め。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2014-07-27 07:30 | Cello

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2014-07-21 19:44 | Cello

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2014-07-20 13:06 | Cello

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2014-07-18 16:47 | Cello

祇園祭2014

今年も菊水鉾のお茶席に参加しました。
最近、2年前に書いたこの記事へのアクセスが多く、検索ワードも「菊水鉾」「お茶席」が上位に上がってきたので、今年も祇園祭の季節になったのね~と実感しております(^_^)。

さて、今回は嫌々一緒に来てくれた旦那様と一緒にお茶席へ。
ついでにデパートで買い物をしたり、おいしいランチを食べたり、かえって高く付いたかも(笑´∀`)。
お茶席といっても、お点前する方は浴衣、お席は土足で椅子に座れるとあり、今回は長蛇の列でした。日曜日というのもあり、観光客の方が多かったかもしれません。
お点前そっちのけで、席確保とお菓子→お薄の効率良い配布…と言った流れになっていて、お迎えする側もお客側も雑然としている様子を見て主人は苦笑いをしていました。
ただ、以前のブログにも書きましたが菊水鉾と菊水井、武野紹鴎の話をすると、少し神妙な面持ちになっていました。

というわけで、したたりと菊のお皿2014バージョン。
c0217551_15534867.jpg


菊水鉾。
c0217551_1554129.jpg


裏千家のお点前でした。お水差しが鉾型?遠くからの撮影なので、わかりにくいですが、なかなかインパクトがありました。
c0217551_15542471.jpg


今年は、49年ぶりに前祭りと後祭りに分かれていて、盛大なお祭りになりそうですね。
詳細はこちら

ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
[PR]
by morpheus-cello | 2014-07-13 15:55 | My Life | Comments(0)

台風が近づいていますね。
被害が最小限ですみますように…。

前回は2012年に聴きに行っていました、ベルリンフィル12人のチェリストたち。

その前は2010年だったような気がする…。

さて、プログラムは。

第一部
・J.S.バッハ: ブランデンブルク協奏曲第6番 BWV1051
・R.シューマン: 森の情景 Op.82より

第二部
・三枝成彰: 震災のためのレクイエム
・J.ウィリアムス: 映画「シンドラーのリスト」よりメインテーマ
・M.ルグラン: 映画「華麗なる賭け」より「風のささやき」
・A.ピアソラ: 「カレンブレ」「カリエンテ」
・C.グランダ: 「肉桂の花」
・B.ハーマン: 映画「めまい」より「ラブ・シーン」
・G.シアリング: 映画「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」よりバードランドの子守歌
・T.ギルキソン: 映画「ジャングル・ブック」より「ベア・ネセシティーズ」

アンコール
・A.ピアソラ: リベル タンゴ
・H.マンシーニ: ピンクパンサーのテーマ
・滝廉太郎/三枝成彰編曲: 荒城の月

いつ聴いても、12人個々の技術と掛け合い、ハーモニーの素晴らしさに息をのみます。
これがチェロの音なのか?と毎回新たな発見があります。
2年前とメンバーは一緒だったように思うのですが…。右から4人目くらいの小柄な女性の奏でるメロディーと、左から三人目の方の音色が素敵だと思いました。
勿論、トップの方の高音領域のメロディーも素晴らしかった。
今回は、真ん中後方の所謂S席だったので、各曲の編成がわかりやすく、あちこちを見ながら聴いていました。
もう少し前の席で聴いた方が、12人の音が集約した状態で聴けてなお良かったのかも…とも思いましたが。

ブランデンブルクの最初だけ、少しテンポ感が乱れていたように思いましたが、他は完璧でした。
ベルリンフィルのチェロ奏者13人中12人で組んでいるのですから、はもりつつユニゾンで弾くところなんかは重厚な音色で、それはもうゾクゾクしました。

この日は月曜だというのに、大ホールの客入りはかなり良く、満員に近かったのではと思います。
ただ少し残念だったのは、曲が静かに終わろうとしている際に、パンフレットを落とす音がしたり、曲が始まろうとしているのに、話しているおばさまがいたり、余韻を味合わずに拍手のフライングをしたりする方がおられたこと。
上記の瞬間を除いて、心から音楽に浸ることができました。

それから、感動した演奏会からの帰宅後は、突如チェロ弾きたい病になるのですが、この日はぐっと我慢し、サイン入りCDを眺めながらニヤニヤするだけにとどめました。

次は、チェロの先生の演奏会を聴きに行く予定。
その後は秋の音楽シーズンまで、演奏会はお預けです。

ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村
[PR]
by morpheus-cello | 2014-07-10 00:08 | Music-2, classic | Comments(3)

企み中・・・。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by morpheus-cello | 2014-07-02 17:12 | Cello