チェロの総括2016

昨年の総括記事はこちらに♫

今年は何と言っても、弦楽アンサンブルの一年だったということ。
元々所属する団体では、色々と運営面で大変なことが重なったけれど、それなりに春のコンサートも成功させることができたし、年明け早々の演奏会に向けて、気合い十分といった感じ。
ドヴォルザークのピアノクインテットにも取り組んだのだった、そう言えば・・・(遠い昔の出来事のよう)。大きなホールでの、1楽章出だしのソロは緊張したけれど、そう言えば度胸はついてきたみたい。

もう一つの老舗弦楽アンサンブル団体で、団員としてじっくり一年近くをかけて曲に取り組む事ができたこと。
合宿というものにも、初めて参加した。学生時代の部活の合宿以来の経験。
チェンバロ入りの合奏に初めてチャレンジできたことが大きな変化。バロックらしい弾き方はまだ良く分からないけれど、何となく違いは理解しつつある段階。

シューベルトの五重奏にも取り組んだし、同じ曲をプロの生演奏で聴くことが出来た。
年明けにも同じ曲を聴きに行く予定が入っていて、ブラームス六重奏の次のマイブームはシューベルトの五重奏といった感じです。


お遊び?で、色んな編成のアンサンブルにも参加した。
テレマンのリコーダートリオや、バリエールのチェロデュオ、バイオリンとのハルヴォルセンのサラバンドと変奏(抜粋)など。

オケスタにはあまり参加出来なかったけれど、色んな編成のアンサンブルを経験していくと、違った感覚でオケにも参加する事が出来て、特に管楽器との絡みが面白いと思うようになった。

個人レッスンは、元々師事している先生のエチュードレッスンと、新しく一昨年から師事し始めたお二人の先生のレッスンといった感じで継続して続けました。
どのレッスンも今の私には必要。
 エチュードでは、デュポールを少し進め、グリュッツマッヒャー1巻は終了することができたし、少し協奏曲にも取り組んだ。
 バッハ無伴奏は四番を終了して、二番を譜読みしたけれど、保留状態。
 曲は、一年通してブラームスのチェロソナタ一番の全楽章を学習した。

やっぱり、個人的な課題が山積みされていて、淡々とレッスン記録に書きつつ(このブログ)、課題の中でも進歩している部分と、練習しないと直ぐに戻ってしまう部分、なかなか進歩しない部分というのに分かれてきたことに気付いた。
第一、世間一般でいう「脱力」と一言で言っても、その時の状況や個人の体格、音楽歴などで、意味合いが全然違うし。
他人様のブログを読んでも、それを自分に直接当てはめることが出来ないのは当然のこと。
だけど、皆さんどうしてるのかな?って気になるし、一緒に頑張っている同志のような感覚で、幾つか参考にさせていただいているブログもあるのは確か。
習っている先生に、自分の欠点を指摘して戴いて、練習法まで教えて戴いているのに、どうしてできないんだろうって話になるけど、才能云々を言う前段階として、圧倒的に練習量が足りないということと、まだまだ自分の中で先生の言葉を消化し切れていなくて練習の仕方が悪いということなんだろうな、と自分自身、反省しています。
でも楽器の響きや弦と弓の接点を常に意識することで、以前よりは見えない部分で進歩している、とは思っています。

チェロはそんな感じかな。

[PR]
# by morpheus-cello | 2016-12-30 16:06 | Cello | Comments(0)

似たもの同士♫

弦楽アンサンブルの練習も佳境に入り、練習時の録音をチェックしながら各自練習しつつ、練習時にも細かいところを詰めていっているところ。

それはさておき、最近、mainの楽器以外に他の楽器にチャレンジしているないし、既にどちらも上手な団員が多数いることに気付いた。

大体節目の歳に(還暦とか)、新たなことにチャレンジするという意味で、違う楽器を購入、習い始めておられる。
私以外にも、チェロ&ヴィオラのダブル楽器に挑戦するという方も出てこられた。
一番びっくりしたのは、コントラバスとヴァイオリン。
ヴァイオリン・ヴィオラ両方弾けて、ダブルのケースを持っておられる方もおられるけど♫

みなさんポジティブな方ばかり。
もちろん一つの道を極めるというのも素敵なことだけど、人生一度きり、プロでもないし色んなことに挑戦するのも分かる。
二つ目の趣味も、たまたま弦楽器族だったというだけで。

そういう意味では、似たもの同士が集まる団だなぁって、練習の合間にふと思ったのでした♫
[PR]
# by morpheus-cello | 2016-12-24 17:33 | String ensamble | Comments(0)

決意表明

9月に上司の急な人事異動が決まり
一旦は、私の来季の配属先が決定していたのだけど
二転三転して、違う進路の選択肢が浮上。
様々な可能性を想定し、一週間考えましたが、漸く先日、覚悟を決めました。

他方でプライベートでも色々あり、
なかでも一番大きかったのは、
大切な人と面と向かって話し合い、もう一度一緒に頑張ろうと決めたこと。
年齢も年齢なので、子どものこともあるしね。
この辺は大変sensitiveなことだから、これ以上は書かないけれど。

先の10年、定年までの20年を考えての、今回の選択、覚悟。

きっと周囲はびっくりすると思っていたけれど、みんな案外
「morpheus-celloさんに合っている選択だと思う」
「向いている」
「これからが大変だけど応援してる」
と励ましてくださって、ありがたい。

また、その間、
昔から親しくさせていただいている先輩や友達に相談することで、気持ちも頭もすっきり整理できた。
そういう意味では、仲間に恵まれているな・・・と。

この選択によって、趣味の音楽に割ける時間は、もっと少なくなるんだけれど、
それに反比例して、嬉しいお誘いもいくつかあり。
新しいアンサンブルのご縁に恵まれて、年明け早々に集まる予定♫
また先日は、念願のビオラでのアンサンブルデビュー(プロビオラ奏者とのデュオ♡)も果たせた★
一方で、カフェ・モンタージュに行ける機会は少なくなるかも・・・。
レッスンにもなかなか行けないかなぁ。

私にとって、音楽は心のバランスを保つための安定剤のようなものだから、
ある程度、活動の範囲を狭めつつも、
ゆっくりじっくり付き合って行こう♡

[PR]
# by morpheus-cello | 2016-12-13 17:37 | Medical Life | Comments(0)

嬉しい通知

総合内科専門医試験に合格しました♪
専門分野の専門医資格は何年も前に取っていたのですが、総合内科…は範囲が広くてなかなか勉強が追いつかないため、ものは試しで受けてみたら合格しました。
国家試験や認定医の頃よりも、医学は随分進歩していて、専門分野外のものだと、疾患の定義や治療法がどんどんアップデートされているので、2カ月前から勉強を始めて正解でした。
仕事から帰宅して、家事などを済ませた就寝直前の30分から1時間、ほぼ毎晩勉強しましたよ(^^♪
お休みでも、仕事やチェロの練習が優先されてしまいますが、試験が終わるまでは結構まじめに対策を立てました。
経験者に話を聞いて、綿密に対策を立て、効率良く勉強したのが良かったかもしれません。
これからも謙虚に、日々精進したいと思います(^^♪

[PR]
# by morpheus-cello | 2016-12-04 18:31 | Medical Life | Comments(0)

12月

とうとう師走になってしまいました…。

昨日は横浜に出張、その前はそうそう経験できない大きな祝賀会の実行員及び司会、その前はアメリカ出張…
と立て続けに行事があって11月はあっという間に過ぎていきました。

ですが、最近も演奏会には出没していましたよ。
感想が書けないのが残念ですけれど。
☆覚書☆
・11月5日 アルティ弦楽四重奏団と原田禎夫さんのシューベルト五重奏 
・11月9日 カフェ・モンタージュ「ハープ・三重奏
・11月21日 カフェ・モンタージュ 関西弦楽四重奏団 「ベートーヴェンツイクルス vol.7

12月も演奏会には行く予定…だけれど、それ以外は心の余裕がない。
せめて演奏を聴く間はゆったりした気持ちで聴こう。

来年はもう少し、心にゆとりを持って行動したいです…。

[PR]
# by morpheus-cello | 2016-12-01 19:04 | My Life | Comments(0)

チェロレッスン~vol.19~

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by morpheus-cello | 2016-11-26 21:30 | Cello

新しい弓♫

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by morpheus-cello | 2016-11-20 16:48 | Cello

Va_#16 副科?

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by morpheus-cello | 2016-11-20 16:29 | Viola

music, gourmet ・・・時折science


by morpheus-cello
プロフィールを見る
画像一覧