Piano♪

実は、こっそりピアノでブラームスのチェロソナタを譜読みしています♪ (ブログに書いている時点でこっそりではないけど)

c0217551_17335254.jpg
ひょんなことから、職場繋がりでピアノの先生に出会えて。(周囲を見渡すと医療系&芸術系のご夫婦って意外と多い気がする…)
何度か、チェロソナタの伴奏をして下さっていたのですが、私自身この曲のことが好きすぎて、合わせているうちにピアノを弾いてみたくなったんです。
それで、いつもはチェロを担いで行って、響きの良いスタジオで二人で合わせていたのですが、今回は楽譜だけ持参で。
スタジオの係りの方は、気を効かせて、チェロ用の椅子と譜面台もセットしてくださっていたのですけれども。

ピアノの先生も、昔チェロを(副科で?)されたみたいで、好きな曲だからと喜んで引き受けて下さいました。
冒頭は、チェロパートを歌いながら、ピアノを弾いてみたり。レッスンという形を取っていただいたのですが、自由な感じで楽しいです。

でも私も、ピアノから離れて早20年近くになるので、指の筋肉は衰えていて全然ダメです。
大学生の頃は、授業や実習が忙しくて、実家に帰った時しかピアノを弾かなかったし、卒業してからチェロに出会うまでの間は、全く音楽から離れていたので…。

でもピアノで弾いても、やっぱり面白いです。
ピアノでも旋律を歌うんですけど、歌おうと思わないとフレーズが繋がらないんですね。
そういえば、昔はピアノで歌うのが苦手だったなぁと思いつつ、今なら、チェロでもピアノでも、歌うっていうのが少しずつイメージできるようになってきたなぁとか。実際に歌うこと自体は、嫌いではないんですけれど…。
こうしてみると、何事も根源は共通しているんですね。

ブラームスの後、ショパンのプレリュード(雨だれ)を弾いたら、和音の数が少なくて、ちょっとホッとしました。

チェロを習い始めたころは、チェロで思い通りにいかないフラストレーションを解消するために、チェロの練習の後にピアノを弾いていたけれど、今はどちらかというと逆な感じです。

[PR]
by morpheus-cello | 2016-02-28 17:34 | Cello | Comments(2)