クライマーズ ハイ

クライマーズ・ハイ のDVDの感想を忘れぬうちに。。。

公式HP

堺雅人さんへのインタヴュー記事


あらすじ

1985年8月12日、北関東新聞社の遊軍記者で、社内の登山サークル「登ろう会」メンバーの悠木和雅は、販売部の安西耿一郎とともに、県内最大の難関である谷川岳衝立岩の登山へ向かう予定だった。
帰宅しようとしているとき、社会部記者の佐山達哉から「ジャンボが消えた」と連絡が入る。
翌朝、悠木は粕谷編集局長から事故関連の紙面編集を担う日航全権デスクを命ぜられる。
同新聞社にとって、「大久保・連赤」以来となる大事件を抱えた悠木は、次々と重大かつ繊細な決断を迫られる。

2003年1月、『別冊文藝春秋』に掲載され、8月に文藝春秋から単行本が刊行された。週刊文春ミステリーベストテン2003年第1位、2004年本屋大賞第2位受賞。著者が上毛新聞記者時代に遭遇した日本航空123便墜落事故を題材としており、群馬県の架空の地方新聞社を舞台に未曾有の大事故を取材する新聞記者の奮闘を描く。
「クライマーズ・ハイ」とは、登山者の興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態のことである。

  原作 横山秀夫
  監督  原田眞人
  製作  若杉正明 久保理茎
  脚本  加藤正人 成島出 原田眞人
  出演者
     堤真一
     堺雅人
     尾野真千子
     高嶋政宏
     山崎努      他 


Wikipediaより引用





主役は北関東新聞社の遊軍記者で、社内の登山サークル「登ろう会」メンバーの悠木和雅役、堤真一さん。社会部記者佐山達哉役を堺雅人さんが演じています。
日航ジャンボ墜落事故は今年で24年になりますが、今でもTVで映し出された光景が眼に浮かびます。
二度とこのような惨事が繰り返されないように、J○Lの社員にはその当時の資料等が教育の一環として配付され教育を受けると聞いています。

当時地元で事故の詳細を追い、
身体を張って記事にしていく新聞記者のプロフェッショナルとしての心意気、熱いやりとり。。。

また、現地に赴いてどんな少しの情報でもいい、必死になって熱望する遺族の姿を通して、
ジャーナリストとしての生き様を学んでいく悠木の姿が描かれています。

ハードな内容の作品ですが、8月12日には毎年観たいと思える作品です。

この作品を観たきっかけは堺雅人さんが出演されていたから・・・でしたが、観終わって、
相方と二人「良い作品だった」としみじみ感動しておりました。

官僚たちの夏
に出演している堺さんの表情と、この作品の表情は何か似通ったものを感じます。


http://www.youtube.com/watch?v=UJi9AvQL49g
[PR]
by morpheus-cello | 2009-07-20 20:32 | Movie | Comments(0)

music, gourmet ・・・時折science


by morpheus-cello
プロフィールを見る
画像一覧