感動~☆ 枝魯枝魯 パリ☆

今回の旅は、ローマ(+カプリ島;青の洞窟)、パリ(+モン・サン・ミッシェル)というハードなスケジュールのため、なかなかフリーな時間がなく、自由に食事に行く余裕がありませんでした☆

が、しかし、パリに行くならば絶対に外せません!と思ったのがこちら。

枝魯枝魯 パリ

元々京都にあったこちらのお店(今も、「枝魯枝魯ひとしな」さんは京都にあります)、パリにお店を移されたという噂を以前聞いていたので、どうしてもパリで予約が取りたかったんです。。。
京都にあったときには、予約が中々取れず、ほんの数回だけ伺ったことがあります。
北海道で割烹をしている友人も、京都に来た際には必ず勉強のために訪れると言っていました、こちらのお店。
パリ店も大繁盛のご様子でした。

まずは先付け。お皿は南アフリカで購入されたものだそうです。お茄子と生節の相性がばっちり♪
c0217551_20162113.jpg



そして八寸。
c0217551_20165451.jpg


ムール貝の蒸し物(スープ)、ミョウガが効いていて大好きなお味です♪
c0217551_20171469.jpg


お寿司もとっても美味しい~。マンゴーのタルタルソースがかかっているのですが、意外性があって面白く本当に美味しい。
シェフはやっぱり天才だな~と感心した一品です。
c0217551_20173490.jpg


蒸し焼きにした豚、大好き~♪ かぼちゃのソースがかかっていてほんのり甘いんです☆
c0217551_2018379.jpg


モズクの上に蟹と山芋が乗っかっています。海苔との相性もバッチリです♪
c0217551_2019955.jpg


うなぎの蒲焼が乗ったお素麺。「夏ですね~」と話しかけてしまいました。
c0217551_20183950.jpg


オプションで、フォアグラのお寿司を頼むことが出来ます。
上品に仕上がっていて本当に美味しかった。
c0217551_20192832.jpg


デザートは、アイスクリームやウーロン茶のシャーベットなど。。。繊細な甘さです。
c0217551_2020019.jpg




15席くらいあるコの字型カウンターで、私は真ん中らへんに座っていました。
ほとんどがフランス人の方ばかりで、日本人観光客らしい人はいませんでした。
(フランス在住と思われる日本人のお客様もいらしてましたが、フランス人に「ここ美味しいよ」と勧められていらしたご様子でした)

右となりにいたカップルの男性の方に、「日本語の’お願いします’って英語でなんていうの?」と話かけられたので、「s'il vous plait」(フランス語)と答えると、とても喜んでくださり、その後英語での会話が弾みました。。。聞けばその方、日本語を勉強されたことがあるとのこと、日本文化に関する質問がたくさんありました。
シェフはもちろん、他のスタッフ全員(日本人)が、フランス語をペラペラに話されます♪
びっくり~♪

たとえば、私がシェフと日本語で話して、その後シェフが隣のお客さんとフランス語で会話、その後さらに隣のお客さんと私が英語で会話・・・という不思議な光景を体験することができました☆

ちなみにお酒ですが、白ワインを飲んでいる方が散見されましたが、ここはやはり大吟醸をワイングラスでいただきました。美味しかった~~~♡

機会があれば、また伺いたいです~。ご馳走様でした。
[PR]
Commented by MOE at 2010-08-03 09:22 x
何て上品で美味しそうなんでしょう♪
画面にて楽しませていただきました~(^-^)
Commented by morpheus-cello at 2010-08-04 17:46
MOEさん、ありがとうございます♪
フランスに行ってまで和食。。。でも、素敵なお食事なので、本当に楽しいひと時を過ごせました☆
by morpheus-cello | 2010-07-31 20:20 | Gourmet | Comments(2)

music, gourmet ・・・時折science


by morpheus-cello
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る